(13)三成の不思議なる条々



石田三成を中心に関ヶ原の戦いを一つ一つ丁寧に遡っていくという


変わった歴史小説です。


でも、その時代を後から振り返って話を作っていくというのはなかなか


面白かったです。


それだけに最後の話がちょっと唐突に出てきた感があったので


そこだけが残念です。


☆☆☆☆



三成の不思議なる条々

三成の不思議なる条々












この記事へのコメント

この記事へのトラックバック