2017年(1)湖底の城 七巻



読書記録が2016年は途絶えてしまったので、初心に戻って今年は継続しようと思います。


2017年1冊目の紹介は、宮城谷昌光著の湖底の城 第七巻です。


第六巻までで、呉から楚へ伍子胥の復讐の戦いは区切りを迎え、第七巻から越の国視点の物語に


なりました。ずっと副題の「呉越春秋」の意味が分かっていなかったのですが、やっと理解出来ました。


これから呉と越の戦いに向かって、范蠡を中心に更に物語りは続くようです。


これからも楽しみなシリーズが続いて良かったです。


☆☆☆☆



呉越春秋 湖底の城 第七巻

呉越春秋 湖底の城 第七巻












この記事へのコメント

この記事へのトラックバック