2017年(5)裏関ヶ原



若手作家の中で注目している吉川永青氏の最新作「裏関ヶ原」です。


前作の「冶部の礎」とリンクする形で、関ヶ原の戦いにおける


周辺のお話です。


ただ、どちらかというと西軍寄りの話が多かったですね。


短編集の寄せ集めだけど、楽しかったです。


☆☆☆



裏関ヶ原

裏関ヶ原












この記事へのコメント

この記事へのトラックバック