jamsworld

アクセスカウンタ

zoom RSS [歴史小説]第六天の魔王なり

<<   作成日時 : 2019/01/12 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

織田信長の内面にフォーカスした小説です。
織田信長と明智光秀のやり取りは、これまでの小説では
あまり見ない関係性を紡ぎだしていました。
あと、所々に出てくる羽柴秀吉の別の顔が何かを暗示させる形で
良かったです。

2019年:2冊目 評価:☆☆☆



第六天の魔王なり【電子書籍】[ 吉川永青 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
<p>荒れ狂う時代を怒涛のごとく駆け抜け、夢半ばで業火の中にその役割を終えた稀代の武将・織田信長。果


楽天市場



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
[歴史小説]第六天の魔王なり jamsworld/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる