[歴史小説]呉越春秋 湖底の城 第九巻

いよいよ、最終巻です。
後書きを読んで、著者が伍子胥ではなく范蠡の話を書きたかったという事が
分かりました。
伍子胥は、恩仇の人に対して、范蠡は自由人という対比は見事でした。
10年に及ぶ大作で、良いお話でした。

2019年:3冊目 評価:☆☆☆☆



呉越春秋 湖底の城 第九巻 [ 宮城谷 昌光 ]
楽天ブックス
宮城谷 昌光 講談社ゴエツシュンジュウ コテイノシロ ダイキュウカン ミヤギタニ マサミツ 発行年月


楽天市場



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック