テーマ:雑学系

あの戦国武将の晩年と最期

少しづつ読み進め本日読了しました。 これだけ戦国武将の晩年と最期について まとめている本も少ないでしょう。 晩節を汚さないで最期まで生き抜くことの 難しさが少しわかったような気がします。 ☆☆ あの戦国武将の晩年と最期 (アノセンゴクブショウノバンネントサイゴ)新人物往来社
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信長の野望・天道 パワーアップキットの不具合にみるお客様指向のなさ

注文していた信長の野望・天道 パワーアップキット が発売日から1日遅れで到着。 さっそく遊ぼうとインストールすると動作せずに エラーとなりました。 一瞬茫然となりましたが、回避策がないか ぐぐると、一応パッチがWEBで用意されていましたが、 なんとこのパッチはユーザー登録していないと ダウンロードする事が出来ませんでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新書がベスト

小飼さんの新書評です。 いつもの弾言がほとんどなく、ソフトな語り口になって いてちょっと以外です。 新書のレーベル毎に説明を加えるという内容は 企画モノとしては良かったと思います。 小飼さん推薦の本をあまり読まないので、書評に 関してはそんなに参考にはならないけど新書として は読みやすく・面白い本です。 ☆☆☆ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文房具を楽しく使う ノート・手帳篇

文房具それも手帳やノートに関しての本です。 使いこなし術とは違い、色んな種類のノートを 紹介してくれる変わった本です。 まさしく文房具も趣味だと思うので色んなモノを 試すのはアリだと思います。 と言うことで、今度クオバディスの手帳を買って 使ってみようと思います。 ☆☆☆☆ 文房具を楽しく使う ノート・手帳篇 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短時間で「グッスリ眠れる」本

最近睡眠時間について考えています。 3時間を1つの単位として考えると、5時半と4時、 ちょうどこの2つの時間で起きるのがベスト なんだなぁと。今のところ5時半起きだけど。 それにしてもこの手の本は読み進めると だんだん眉唾っぽくなるなぁ。 ☆☆ 短時間で「グッスリ眠れる」本 (知的生きかた文庫)三笠書房 藤本 憲幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3時間超「熟眠」で人生“まるまる2倍”得する法―脳を200%活性化し、丈夫な体をつくる!

途中からなんか眉唾っぽくなってくる本です。 3時間で睡眠が足りているかどうかは分かりませんが 休日も平日と同じ時間帯で行動するっていうことは 早速取り入れようと思います。 あとの体操はどうなんだろうね? ☆☆ 3時間超「熟眠」で人生“まるまる2倍”得する法―脳を200%活性化し、丈夫な体をつくる!イーストプレス 大石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多読術

松岡正剛氏の多読術。 読書は編集であるという意味が最初は分かり ませんでしたが、読み進めていくと、1冊の本 からの広がりやキーブック等を読み、ようやく 意味が少し分かりました。 本をここまで読み込んでいる人は日本には そうそう以内と思います。 私の場合はもっと即物的な読み方をしている 面が多いかな。 ☆☆☆☆ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(16)結婚式っておもしろい!?

こげぱん作者のたかはしみきさんの本です。 先週のつれずれふたり暮らしとの2部作!?です。 そのうち、子供ができたら3部作になるのか。 とりあえず、良い本です。最後にウルッとします。 結婚式って大変なんだなぁ。 ☆☆☆☆ 結婚式っておもしろい!?主婦と生活社 たかはし みき Amazonアソシエイト by ウェブリブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(15)つれづれふたり暮らし

ほのぼのとした感じがとても良い本でした。 これからの参考になります。 ☆☆☆☆ つれづれふたり暮らしアスペクト たかはし みき Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(87)ネコ好き自分の取扱書

映画の帰りにヤマダ電機に立ち寄ると、改装したようで 本のフロアが地下1階に変わっていました。 1階が家電ではなく白物家電を売りに出しているところ なんかは、ちょっと何を狙っているのか読めません。 うーん、今回の改装はどうなんだろう。。。 そんな改装後のヤマダ電機の本屋で何気なく目にとまった 本です。 今流行の血液型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来への地図

ある人が写真家【星野道夫】の事について語っている事から興味があったので 本屋さんで探して買ってきました。 実際に手に取ってみてアラスカの写真などを見ているといつか行ってみたく なりました。 未来への地図―新しい一歩を踏み出すあなたに
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more