テーマ:古典・名著

(18)スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

自己啓発の古典的名著です。 だいぶん積ん読期間が長かった本ですが、毎月 1冊の古典読書週間にあわせて読み終わりました。 読書後は確かに、前向きに生きる力が湧いてくる 感じです。 もっと早く読んでおくべき本でしたね。 ☆☆☆☆ スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫三笠書房 サミュエル スマイルズ Amaz…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(13)職業としての政治

今年は1ヶ月に1冊は古典を読もうと決めました。 まずは1冊目は、マックス・ヴェーバー著の 「職業としての政治」です。 今の世相は、当時のドイツよりも悪くは無いけど 未だに政治家が熟していないのは、それを選択 している国民の側にも問題があると思います。 この本では、政治家を志す人が覚悟しておくべき 内容が書かれていますが、政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職業としての学問

今の私には難しかった一冊。 短いページ数に関わらず2度も眠気のために中断。 脳が消化出来ない時にはこんな感じ?なのかな。。。 書かれている内容にはついていけたけど、分かったのか?と 聞かれるとまだまだかな。 職業としての学問
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more